大活字版 武士道 | IBCパブリッシング - 多読・多聴・音読・英語学習書の出版社

大活字版 武士道

著者 新渡戸 稲造(著者(原著))   ,  樋口謙一郎(翻訳者)   ,  国分舞(翻訳者)  

本書の特徴・著者紹介

世界に誇る、日本のこころ。
思想家あるいは教育家として著名な新渡戸稲造が、日本人の道徳観の核心となっている武士道について、神道や仏教あるいは儒教の精神を典拠としつつ、西欧の哲学や騎士道と対比しながら、日本人の心のよりどころを世界に向けて解説した名著。海外では現在でも、日本人の心を知ろうとするとき、真っ先に読まなければならない必読書とされています。日本人の倫理観・道徳観を見つめ直すことができる格好の書を、大きな活字でじっくり読もう!

当時の米国大統領セオドア・ルーズベルトも『武士道』を読み感激した一人である。
「……この本を読んで初めて日本人の徳性を知ったので、30部購入し、知友に配った。また5人の子どもにも1部ずつ与え、日常熟読して日本人のように高尚で優美な性格と、誠実剛毅な精神を涵養すべしと申し付けた……」

まえがき「新渡戸稲造とルネサンス」より

紙書籍定価1,980円

この書籍をシェアする

書籍の購入

書籍データ

タイトル 大活字版 武士道
著者 新渡戸 稲造(著者(原著))   ,  樋口謙一郎(翻訳者)   ,  国分舞(翻訳者)  
ISBN 9784794604774
紙書籍定価 1980円
初版刊行 2017年4月
ページ数 306頁
判型 226 x 148mm
シリーズ 対訳ニッポン双書
Top